TOEIC 転職

TOEICを活かして転職@失敗しないための注意点はコチラ

転職エージェントの活用が転職成功へのポイント

グローバル化が進む中で英語を中心とした語学力は必須となってきています。 これから転職をしようとする人にとって、語学力の習得は大きな武器となります。 転職時に語学力を証明する方法としてはTOEICのスコアがあります。 転職したい職種や業種によって求められるスコアは違ってきますが、Cランクで700点以上のTOEICスコアは欲しいところです。 中国やシンガポールなど東南アジア系の海外勤務が人気ですが、その場合はビジネスレベルの英語力が必要となります。 それに日本国内の企業でも楽天やユニクロなど共通言語として英語を採用しており、外国語の習得は転職活動では必須項目となってきています。 さらに海外勤務をするにもプロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトリーダー(PR)などの管理職ならば、TOEIC800点以上が求められるケースもあります。 しかし、最近ではTOEICの点数は高くても、相応の会話ができずコミュニケーションが取れない人も増えてきて問題になっています。 点数だけを求めるのではなく、適切なコミュニケーションが取れるスキルを身に付けるのは言うまでもありません。 また新卒の就職活動と違ってTOEICの点数だけでなく、実務能力も併せ持たないと希望する転職活動ができない可能性もあります。 20代・第二新卒ならば未経験可のケースもありますが、30代以上になると実務経験に重きを置いた採用がされるので語学力だけで安心していてはいけません。 特に初めての転職の場合はいろいろと分からないことも多いので、転職求人サイトよりも転職エージェントの活用をオススメします。 自分の進むべき方向性や企業が求めているスキルや経験を知るためにも、転職エージェントに登録して利用することは貴重な情報源となります。 TOEICを活かして転職をしたいならば、オススメの転職方法です。

Copyright © TOEICを活かして転職@失敗しないための注意点はコチラ All rights reserved

転職時にTOEICは英語力を評価するポイントです。しかし、TOEICスコアが高得点だからといって転職がスムーズに進むという訳でありません。当サイトでは転職に失敗しないための注意点を紹介しています。